全てはつながっていた!

七つの原理と観の革命 内海 昭徳 氏 観術講師
超常識を楽しむ!
宗教を含む深いところがある。それを伝えている!觀術とは世の中の常識を信じていると解けないことがある。絶対に背景がある。調べると観点を強烈に感じた。コントロールされているもの!どうやったらより良くなっていくのだろう?最終的に腑に落ちるものはないだろう?韓国のノージェスが!七つの原理と共通している!この国の未来は今の教育には無い!フリーターになった時に家賃が2万円に住んでいたのが豊島区でした。皆さんの世界に役に立つかと立ちました。私たちは観点、死生観、いろいろな見方て生きている!時代変革の時、今までのものの見方は通じない!科学の進歩、IT、ロボット進歩、30年先に超常識の世界に変わってしまう!大きな転換期に成る。ロボットが知性、感性まで生まれてきてる!sexまでしてしまう!人間を越すロボットができてしまった!2045年に凄まじい勢いで人間を超えた!人間の存在価値が大切になってきた!根っこがあるんだ!もっと深いもの!幹は何かというと!素直という一言なんだ!9ページ!素直とはなーに?ふんわりと柔らかで?を持ち続けることなんだ!それをどう作るかが問題だ!七つの原理があって素直です!びっくりしたんです。科学の世界の最先端が七つの原理に入っている!七つの原理とは全一統体の原理と発顕還元?の原理、全個皆完の、存在、対立、駅不易、物境不離
全ては一つだ!ということだ!みんな分離対立になってしまっている!そこから始まるのが常識の時代だった。しかし、倫理はあべこべだった!自己学習、一瞬で吸収してしまう!それがペッパーの原理だ!脳波でパソコンを遠隔で物理的に繋がっているから当たり前の時代が来た!何時も対立でやっているから違ってくる!できたり消したりしているよ!隣は原子の塊!素粒子のかたまり!素粒子は消えてしまう!一瞬に生まれてしまう!素粒子の世界!間違いない素粒子はずーっといるように見えるけれどずーっといない!人間はずーっといると思ったら大間違い!実は生も死もない!死は生だ!今までの常識!人間とは何?生きるも死ぬもないんだ!半世紀以上前に気がついていたのがせんせいだ!科学は遅れてそうなって追いついてきた!ぜんこかいかん!イマココ満ち足りているんでしょ!悟りの世界!人を蹴落としても金が欲しい!この心の境地を教えているのがいまここに集中するのがぜんこかいかん!先生が10歳の時に池に落ちて溺れた!その時になんて、この世界は美しいと思った!144ページに書いてある!有限とは無限!あらゆる存在はもともとないでしょ!宇宙自体も何かから生まれている!無と空がなければそんざいがない!かんじゆつは人間の尊厳生をしっかり打ち解けておかないとこれからの世界は難しくなってくる!どっちもこっちも補いながら存在する!対立の原理!あいシュタイン以降は不易の原理を追求してる!「21世紀の世界は何を基準にいつも変わらない中心軸から見ていく!時空間と存在は同じものだよ!人間、現象を心理の世界に気がついた人がいた!それが時代的に常識になる時代です。観が日本の心!観の目を強くしなさい!見の目はだめだよ!今までの意識を超えた世界です。


[PR]
by takaomimasu | 2015-05-07 19:25
<< 虹 幽玄一体 >>