今日は火曜日!桐谷先生の一期一会が読売新聞に載っています!平成20年4月22日火曜日

スーッと目が覚めた。今日は一番乗りだと思った。自転車にまたがる。爽快な空気がペダルをこぐと体にそよいでくる。ぶつかってくる。絶対に一番だろう。だって、あの人は富山に定年になり旦那さんと手を繋いで帰っていってしまったから。ついてみると残念!新たな怪物がひとりいたんだ。俺の常識をどうも通用しない人間が!こびりついている自分を形作ってきた常識を根底から変えさせられるものを身につけている人、行動様式、生活習慣が違う人達、とっても興味深い人達!不思議の国のアリスのような童話の国の人々!大自然って聖なる生命体なんだって、繊細で優しい自然環境、気候風土、そんな一番最高な地球の中のど真ん中がもし合ったとしたら誰でもがそこで暮らしたい、生活したい、愛する人を其処に無事に連れて行ってあげたい、其処で一生を生きて子供達と仲良く暮らしたいと思わないかね!一体其処は何処だったんだろう!グレートジャーニーをやったあの人は何処が一番だったか知っている。人類がまだ暗黒の帝国だった時に、文明を手に入れていないときに、勇気と冒険とを携えて永遠の理想郷を求めて黄金の羅針盤の心を信じて七つの海を渡り、死の砂漠を越えて、一年中凍り続ける幸の女王の世界を超えて辿り着いたのは何処だったのだろう。そして、殺生しないで安心して食べられる黄金の稲と出会い、育て、継承して今に至っている。神に捧げる聖水と聖杯の国!素敵だよなー!そんな国で生まれ、今日も一日幸せに暮らしたいね!朝飯食べよう!今日の朝刊、勿論読売新聞!残念ですけれど東京版だけです。私の大好きないつも、毎年9月に開催している東京は北区の王子の北トピア13階のアスカホールに必ずいつでもやってきてくれる桐谷逸夫、エリザベス夫妻の一期一絵が色あせぬ母の優しさ カーネーシオンで出ています。見てくださいね!今年も日本のお酒と音楽の夕べやろうかなー!みんなが手伝ってくれたら勇気千倍でやります。
[PR]
by takaomimasu | 2008-04-22 07:06
<< 東京北区のケーブルテレビに三益... なんだか昼間の治療が効いてきた... >>